身体を内側から温めましょう

 寒い日がつづいておりますが、こんな時には温かなスープがお勧めです。冷えた体を温める方法はいくつかあります。例えば、肉などのタンパク質を摂取することで、身体は熱を作ります。これを『食事誘導性熱生産』と呼ばれているそうです。唐辛子、ショウガ、カプサイシン、ショウガオールなどにも身体を温める成分が含まれています。こうしたものを摂取するとき、身体が冷えた状態ではなかなか効果が上がりませんよね。すぐにでも身体を温めたい時には、温かいものを食べるのが一番!。特に温かいスープは、食材によってとろみや濃度があり、より長時間、胃の中に残って身体をぽかぽかと温めてくれます。特に、冬場に不足しがちな緑黄野菜が多く含まれるグリーんスープなどがおすすめです。サンドイッチやサラダは、身体を冷やすと思っている方、スープを一緒に足すという『身体のマネージメント』をお試しくださいね。