学校司書、小中5割に

 子供の読書指導などに当たる専門職員「学校司書」がいる小、中学校の割合が初めて5割を超えたことが
2日、文部科学省の調査でわかりました。
同省は全校配備や資質向上に向けた取り組みを積極的に進める方針です。
新聞を置いている図書室が大幅に増加していることもわかりました。
 全国の小中学校計36,000校を調べた結果、2014年時点で学校司書をおいている小学校は、1万
1000校で、中学校は5400校でした。
未来を託す子供たちが義務教育の間に、経済問題・幸せな家庭を築くための「正しい不動産知識」の取得や
国際問題などを、学ぶ機会を与えてあげてほしいと願っています・・・頑張れ! 未来っ子!。