子どもの貧困問題

 子供の貧困が大きな社会問題になっています。子供の6人に一人が貧困状態にあり、一人の親家庭の貧困率は
50%を超えていると言われています。子供の貧困状況は見えずらく、食に困っている深刻な貧困のこどもたち
や、親が忙し過ぎてひとりで食事をする子供たちがいるなどが報道されています。
この、子供の貧困を失くすために、現在、『子ども食堂』を各地でつくろうというムーブメントが盛んです。
食に困っている子供たち、あるいは一人で食事をしているかもしくは『母親・父親』だけで寂しく食べている子
どもたちが食堂にやってきて、楽しくご飯を食べる、そのような取り組みです。
素晴らしい取り組みです、子供たちが自分たちは孤独ではない、助けてといったときに助けてくれる大人が社会
にいるんだと思えるようになるのは素晴らしい取り組みです。貧困問題にかかわる大人たちにも、自分の地域を
変えていけるそんなきっかけになるのではないでしょうか。