大晦日はご家族でお祝いを

 本年も沢山の不動産のご相談とお問合せをいただき、誠にありがとうございました。
古くから、新しい年の神様が訪れると言われてきたお正月、人々は最上の状態で神様を迎えるために、12月13日を
お正月の事始めとし、この日から大晦日にかけては、もちつき、鏡餅作り、おせち料理作り、お雑煮など様々な準備を
行う期間とされてきたそうです。
家中をキレイにすることで『厄』を払う「すす祓い」もこの日に行われ行事の一つとされています。
 昔は1日の始まりが今のように深夜0時ではなく日没が一日の境となっちましたので、大晦日の日の日暮れとともに
新年が始まっていました。
大晦日を家族で過ごすことも忘れてはならない大切な日本文化のひとつですし、昔は数え年だったために、新年を迎え
ると家族全員が一斉に一つ年をとりますので、そのため家族全員でお祝いをするという意味があったそうです。
新しい年と、ひとつ年齢を重ねるお正月を、ゆっくりとご家族でお過ごしください。
                                           松永 たまき