世界で唯一、家余りの我が国!

 連日マスコミやテレビなどで「空き家問題」が取り上げられ、全国で空き家が820万戸もの戸数が発表
されていますが、当然の成り行きです。
多くの日本人にとって、マイホームが人生の最大の目標になりました。
時は流れ、少子高齢化と人口減少が加速する時代になっても、新築物件の供給は続いていますが、住宅建設
が経済対策の一つとなっている我が国の政策は、住宅取得者に対して個人責任という名のもとに奨励している面があります。
中古住宅市場の活性化が進まなければ、問題の根本的な解決は望めないものと思っています。