のびる寿命・住まいは老後を支えられるのか

 中古住宅市場の活性化に向けた国土交通省の取組が本格化しています。
なかでも、一戸建住宅の建物価値を見なおす作業が業界の注目を集めていますが、国土交通省の「毛利信二土地・建設
局長」は、『中古建物を鑑定評価が原稿は3段階とラフだが、これを躯体、内部仕上げなどの部位ごとに精査し、建物
が果たしている機能を適切に反映したもの』とすると言う。
日本は今後超高齢化社会に突き進むが、高齢者の資産の内大きな部分となっている自宅の『資産価値』を維持していく
ことは、将来の高齢者の家計を支える大きな力となる思います。