え、魚に認知能力があるって?

 これまで思考や推論を伴う『認知能力』がないとされていた魚類について、大阪市立大理学研究科の幸田正典
教授らのグループが、熱帯魚の一種は論理的な思考を持つことを実験で明らかにし、スイスの生物学専門誌のオ
ンライン版に3日、論文を掲載しました。
幸田教授らは、カワスズメ科の熱帯魚『ジュリドクロミス』を使い、「AがBより強く、BがCより強ければ、
AはCより強い」という論理的思考ができるのかを調べた。『ジュリドクロミス』は個体識別能力が備わってお
り、弱い個体は強い個体ににたいして『逃げる・体を震わせる』などの劣位行動を示し、力関係の順位付けをし
ていることが知られているそうです。
 実験では、体調が同程度のオス同士を戦わせ、勝った方をB、負けた方をCにグループ分け。次にBと戦って
Aが勝つ様子をCグループの個体に見せた後に、CとAをガラス越しに対面させたところ、Cの12匹のうちの
11匹が劣位行動を見せたそうです。
幸田教授は、『魚にも高い情報処理能力があることが示された。今後は他の魚でも同様の実験を試みたい』と、
話している。 すごいな・・・・・・・、 我が家のゴキブリ君にも『情報処理能力』があるのかな、1週間前
にフマキラーを撒いてから、私の足音に反応し一目散に逃げるようになったんです、それまでは悠遊と動き回っ
ていたのに。 危機感を感じとっているのかな・・・・・・!?。