あなたの街は、エコですか?

 ~始めよう、コンパクトなまちづくり~と云う「国土交通省」のパンフレットを見る機会がありましたが、ご
存じの方も多いのではと思います。
我が国は、人口減少、超高齢社会の到来により、高齢者が自立して暮らしていける環境、子育て世帯が安心して
住み続けられる環境の整備が不可欠となっています。
 また、今後、財政状況がさらに厳しさを増すと見込まれる中、「市街地の拡大」に伴い限りなく拡大した都市
基盤ストック管理・インフラ施設の更新コスト・福祉・衛星等にかかる経費などの行政サービスコストを適正化
し、将来のまちづくりへの投資へとつなげていくことも大きな課題です。
こうした中、深刻さを増す地球温暖化問題への対応も含め、市民生活を支える、持続可能で活力ある「新都心」
づくり、地域づくりを進めることが強く求められています。
こうした課題に対応し、今後のまちづくりの方向として、日常生活に必要なまちの機能が、すまいの身近なとこ
に集約され、住民が自家用車に過度に頼ることなく、公共交通によってこれらの機能にアクセスできるような、
「コンパクなまちづくり」をすすめていくことが有効ですと、書いてあります。イメージとしましては、都心部
を含め既に一定の都市機能が集積している地区を拠点とし、その周辺に居住などを集約し、各拠点間は、公共交
通で接続するという、利便性のよい都市を作るということは、利便性の悪い住居地は住み続けることが困難にな
り、選ばれる居住地と選ばれない居住地の「不動産価値に格差」が生じることの懸念が取りだたされています。
駅から遠い地区にある土地の下落問題が今後大きな社会問題として浮上することが予測されます。